血圧 下げる方法

薬を飲み続けても根本的な解決にはならない高血圧

血圧測定器

高血圧とは血圧が140/90mmHg以上の状態を指し、40〜74歳の日本人のうち男性の約6割、女性の約4割、あるいは50歳以上の2人に1人が高血圧であると言われています。

 

一般的に高血圧は自覚症状がないのが特徴で、そのままの生活習慣を続けているとさらに上昇していきます。

 

そして、長期にわたって放置すると動脈硬化とともに心血管系への負担が増し、脳出血や脳梗塞、心不全、狭心症、心筋梗塞、腎不全などを引き起こします。あるいは臓器に後遺症が残り生活の自由度を奪われたり、最悪はの場合は生死にかかわるケースもあります。

 

では、高血圧は治療できるのかというとそう簡単ではなく、医者にかかっても降圧剤を処方されるだけです。これは根本的な改善ではなく、基本的に生きている間ずっと降圧剤を飲み続けなければなりません。

 

私自身も実は高血圧(経緯についてはこのページの下に)で、このような状況に疑問と危機感を持ち、高血圧の改善方法を調べました。そして、実際に得た情報をもとに高血圧を劇的に改善することができ、降圧剤も不要となりました。当ホームページではその改善法のほか、私が調べた高血圧に関する情報を紹介しています。

 

以前の私と同じように高血圧に悩まれている方には、これらの情報を参考にしていただき、ぜひ血圧に不安のない生活を取り戻してください。

血圧を簡単に下げる高血圧改善法ランキング

藤城式・高血圧改善食事法

食事療法の第一人者・藤城 博先生の高血圧改善法で、管理人が実践して本当に血圧を下げることができたプログラムです。人によっては若干ハードな食事療法に感じるかもしれませんが、その効果は絶大で、早い人では3日で上の血圧を250→130にしています。

とにかく一刻も早く降圧薬による薬漬けをやめて二次疾患や合併症の不安から開放されたいという人にはオススメのプログラムです。万が一効果がなかった場合の全額返金保証付き。この教材については管理人の実体験にもとづく詳細なレビューもありますので、そちらも参考にしてください。

>> 管理人による詳細なレビュー記事へ

 

>> 公式ページで詳細を見る

李先生の高血圧改善プログラム

31年間にわたって東洋医学に携わり年間1000人以上の高血圧患者を救っているという李スンホ先生のプログラム。東洋医学ならではの手法により、西洋医学では難しいとされる高血圧の根本原因に働きかけるものです。5日間で血圧を185から134に下げ、慢性の腰痛まで改善させた実績もあるそうです。

東洋がベースなので好き嫌いがあるかもしれません。管理人は実践はしていませんが、公式ページには体験談が多数あり、1位の藤城式食事法と同様に改善効果は期待できると思います。

 

>> 公式ページで詳細を見る

高血圧を下げる「福辻式」DVD

テレビにもよく登場されるアスカ鍼灸治療院の福辻鋭記先生の高血圧改善プログラムです。体の筋肉の「硬さ」に着目し、物理的なストレッチによって血行を改善し血圧をさげていくという福辻先生らしいアプローチです。管理人もDVDを見て実践していますが、非常に簡単なストレッチです。

1位の藤城式の効果が絶大で、こちらのストレッチ自体の効果はわかりませんが、食事療法に抵抗があるという方にはオススメです。

 

>> 公式ページで詳細を見る

 

 

私の“要治療レベル”の高血圧

当サイト管理人の私は以前、血圧185−110で要治療レベルの高血圧症と診断されました。

 

病院で大量の降圧薬を出されて驚き、このまま死ぬまで薬を飲み続けるのか、副作用はないのか、なんとも言えない不安に襲われました。
現在のところ高血圧症を根本的に治す方法はありません。薬を飲まずに放置すれば、動脈硬化や脳・心臓の血管疾患などの危険にさらされることになります。
また、高血圧そのものには普段はこれといった自覚症状がないのも、時限爆弾を抱えているようで不気味でした。

 

自宅でできる「血圧を下げる方法」は存在した

 

そんな不安や恐怖と向き合いながら、食事や運動、生活スタイル、降圧薬との付き合い方など、自分なりに高血圧改善法を探し、また試してきました。

 

その中で、私がもっとも効果があると感じたのはインターネットで販売されている電子書籍でした。一般の書籍と比べると高額なのですが、そうした書籍とは比較にならないほど高血圧改善に特化した秘匿性の高いノウハウが詰まっています。
著者の先生によるオンラインサポートや万が一効果を実感できなかった場合の返金制度などもあるので、きちんとしたノウハウ(教材)ならば安心して取り組めると思います。

 

興味のある方は、管理人が実践した上記の高血圧改善法ランキングを参考にしてください。